山口市のSプランニングでは土木、解体・生前、遺品整理などを行っております。

  • ホーム
  • 土木事業部
  • 解体事業部
  • 建築事業部
  • 福祉住環境事業部
  • 会社概要
  • Sプラブログ
  • 福祉住環境事業部/介護リフォーム

    危ないと感じたら住宅改修のご検討を!!

    畳の上に布団を敷いて就寝する高齢者は多いですが、床からの立ち上がり動作が高齢者にはとても身体に負担になり不向きといえます。

    フローリングへリフォームをし、ベット生活が高齢者の方には身体に負担なく送れます。

    介護リフォームで安全で快適な住環境をつくりませんか??

    そのお手伝いを当社にさせてください。

    お見積りご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

    住宅改修の助成金に関してもお手伝い致します。

    介護リフォーム例

    畳だったお部屋を今後のベットを置いて就寝するのにフローリングへリフォーム!!

    歩行が不安定なお父様の為に手すりを設置しました。

    歩きやすく快適に生活が出来ているそうです。

    防府市K様邸

    防府市N様邸

    危険と感じる前に住宅改修を検討してみませんか??

    介護保険による住宅改修

    ●手すりを取り付ける。 転倒防止や移動、動作を楽にするために居室・玄関・廊下・トイレ・浴室などに手すりを設置する工事。
    ●段差を解消する。 居室と廊下との段差解消。玄関の段差解消やスロープの設置。脱衣所と浴室との段差解消などを目的とした工事。
    ●床材の変更 浴室の床を滑りにくい材質に変えたり、移動の円滑化のために居室の畳をフローリングに変えたりする工事。
    ●扉の取替え 移動や動作をしやすくするために引き戸・折れ戸・アコーディオンカーテンなどを取り変える工事。またドアノブを変えるなど扉の一部を変更する工事。
    ●便器の取替え 和式トイレを洋式トイレに変える工事。元々洋式トイレだったものを新しくするのは対象外です
    ●その他住宅改修に付帯して必要となる住宅改修 上記の工事を行うために必要な下地の補強、壁や柱の改修、給排水設備工事など

    介護保険が適用される上記のような工事を行えば補助金が給付されます。対象者は介護認定を受けられている方です。

    介護の状態によって受給額に差が生じることはありません。詳しくはお役立ち情報に記載しております。
     住宅改修リンク1

    内閣府が公表した「平成27年高齢社会白書」によれば高齢者(65歳以上)の事故の77.1%が家庭内で起きており、もっとも多い事故時の場所は「居室」といいます。

    中でも一番は転倒による死亡です。

    たかが転んだだけでも体は脆く、体力も衰えているため、高齢者事故は若者の何倍も打ち所が悪いのです。

    受身が取れず直接頭部を床に打ち付ければ脳挫傷になります.

    少しでも事故を減らし快適な自宅生活を送るために介護リフォームを考えませんか??

    事故発生場所

    家庭内事故グラフ

    家庭内での事故は交通事故よりも多い割合になっています。

    身体の機能の低下は今まで可能だったことまで難しくなってきます。

    身体の変化に応じた住宅改修が必要と言えます。

    近年急速に高齢化が進み施設への入居が難しく居宅で生活される方が多い中で少しでも居宅での生活を安全に過ごす為に必要なのが住宅改修と言えます。

    住宅改修をすることで自立できる箇所が増えると介護される方の負担軽減にも繋がります。

     

     

    福祉住環境事業部/老前・生前・遺品整理

     老前整理とは??

    子供さんの独立を機に家にある不用品を整理し、自分のためにすっきりとした快適な生活e65212a9e409cd5ee4514f7f32450858空間を作ることです。

    最近では40代後半から50代になるころに考える方が多いようです。

    老前整理で家のものを整理し、同居される人数も減り減築される方も増えてきています。

     

    減築をするメリット

    「減築」することにより掃除箇所が減り有効的な時間も増え、2階建てから1階にすることにより耐震性も優れた家になります。

    固定資産税も延べ面積が減るため安くなり経済的といえます。

    減築に関する詳しい内容はお役立ち情報でご覧いただけます。

    詳しい情報はこちらをクリック↓↓

    減築

     

     

     

    生前整理とは??

    残された家族のことを考えて不用品の処分だけでなく遺品や財産保険などを確認し、18245a4b7fc0c02906fcccccb54b1cb7

    自分の死後に相続のトラブルが起きないようにすることです。

    近年遺品整理士業界でとても広がりを見せており、「子どもに迷惑をかけたくない!!」「施設へ入居するのでたくさんの荷物を片付けるのを手伝ってほしい!!」といった声も強くなってきています。

    現在では高齢になってもアクティブに人生を楽しまれている方が多くなった為、生きてるうちに相続の準備をするという目的だけではなく長年たまった不用品を処分し残された人生を快適に心地よく過ごすという意味でご依頼される方も増えています。

    遺品整理とは??

    亡くなられた方が生前使用し、想いのこもった品々でもある「遺品」を整理していくことです。近年の傾向としては、家族が離れて暮らし、遺品整理の時間が取れない方、自分が高齢の為に人の手を借りなくては遺品整理ができない方、家族に迷惑をかけたくないと業者へ遺品整理をお願いする方など、遺品整理のご依頼の形は様々となっております。

    「すべて処理してほしい」という依頼があってもゴミのように扱うのではなく、故人を想う遺族の気持ちを汲み、気配りを持って、接することが必要です。

     

    私たち遺品整理を行う業者は「遺品」への扱いに配慮し、ご遺族の方の故人への思いを十分に理解し、業務を行うことがとても必要です。

    当社は遺品整理士の資格を取得し、遺品整理への知識を備えたスタッフが対応致します。

    ご遺族の方の負担が少しでも軽減するお手伝いができればと考えております。

    ご相談・お見積りは無料です!!お気軽にSプランニングまでお問い合わせください。

    ◆遺品整理に関わる社会問題◆

    (1)独居老人の孤立死増加


    統計によれば、年間死亡者数約125万人のうち、孤独死は約3万人といわれています。割合でいえば、100人に1人が誰にも知られることなく人生の最期を迎えていることに・・さらに今後の予測として、2040年頃には孤独死が年間20万人に到達する可能性も指摘されています。そもそもなぜ孤独死は増えるんでしょうか?

               年間孤独死者数

    孤独死2

    親子が離れて暮らし、高齢になっても繋がりの希薄さから、高齢者のみの家庭が増えていることにあるといえます。

    高齢者のみの世帯が多くなっていることが、高齢者の”孤独死”増加の原因ともなっているのです。

    さらに孤独死の場合には、故人の子どもたちが”遺品”の扱いに困りすべてを業者に頼むほか以前のように”形見分け”などは行わず”遺品整理”とも言われるほどの位置づけにもなっています。こうした場合では処理に困り、専門業者に依頼して処理してもらうというケースが多く、”孤立死”の増加は、特に遺品整理業と関連性の強い問題といえるのです。

    (2)核家族化・高齢化による影響


    核家族化の進行により親子が別々に暮らし、2世帯・3世帯でと複数世帯が暮らすことが少なくなっています。

    核家族1

    さらには、世帯の高齢化も進み、高齢者のみで暮らす家庭も、増加傾向にあります。

    こうした状況が起因し、単身の高齢者が亡くなったことに気付かず、時間が経ってしまった状態での発生が多くなっています。死後より時間が経過していきますとご遺体も腐敗が始まり、その異臭から亡くなっていることに気付くことさえあるのです。

    核家族化と高齢化が進む現代では孤立死が増え続けるばかりといえ、遺品整理のような専門業者への需要はさらに高まってきているといえます。

     

     

     

    老前・生前・遺品整理料金表

    間取り 作業員 料金(税別)
    1K・1R 2名 80,000円より
    1DK 2名~3名 100,000円より
    1LDK 2名~3名 125,000円より
    2DK 2名~4名 150,000円より
    2LDK 3名~4名 175,000円より
    3DK 5名~6名 200,000円より
    3LDK 5名~6名 250,000円より
    その他 別途お見積り

     

    お焚き上げ・供養・ハウスクリーニングyjimageLWVD8Z1A

    別途お見積りにてお受けしております。

    是非ご相談ください。

     

    *ゴミの量によって金額が前後致します。

    不用品の収集運搬費に関しては別請求となります。

    あくまでも参考料金ですので、正確なお見積りは現地で無料お見積りの上ご提示させて頂きます。

     

     

    ゴミ屋敷片付け料金

    間取り 作業員 料金(税別)
    1K・1R 2名 100000円より
    1DK 2名~3名 125000円より
    1LDK 2名~3名 150000円より
    2DK 2名~4名 175000円より
    2LDK 3名~4名 200000円より
    3DK 5名~6名 225000円より
    3LDK 5名~6名 250000円より
    その他 別途お見積り

     

    *ゴミの量によって金額が前後致します。

    不用品の収集運搬費に関しては別請求となります。

    あくまでも参考料金ですので、正確のお見積りは現地で無料お見積りの上ご提示させていただきます。

    ~整理の流れ~

     

    ご依頼

    お電話にてお問い合わせ後、お見積もりの日程を決定します。

    お見積もり

    遺品の量や作業を行うための人員数、供養する遺品をお伺いし必要な費用を算出させて頂きます。多額な料金変更がないようにお見積りを作成させて頂きます。

    お見積り提出・ご契約

    お客様のご自宅に訪問させて頂き、工事の詳細を明確に記載したお見積りの金額と料金項目を説明させて頂いた上で、お客様と最終的な部分の調整を行います。納得して頂いた上でのご契約となります。

    作業当日

    作業開始前に一礼して

    事前の打合せに沿って作業させて頂きます。

    作業終了

    業務完了報告書をご依頼者様に提出させて頂きます。

    条件に沿って費用をお支払いして頂きます。

     

    福祉住環境事業部/廃棄物業


    廃棄物業

    増え続けるゴミ、快適な生活環境を保つために、事業により生ずる産業廃棄物や建設業に関連して排出される一般廃棄物を皆様の代わりに処理代行を行います。

    PAGE TOP